FXで起こりうるリスク一覧!

FXで起こりうるリスクには以下のようなものがあります。

 

  1. 為替変動
  2. 金利変動
  3. レバレッジ
  4. スリッページ
  5. ロスカット

 

為替変動

 

FX取引は為替の動きで利益を生み出すものなので、
常に動き続ける為替の動きを読み続けなければなりません。

 

毎回自分の分析が当たって入ればいいですが、
投資に絶対はないので、失敗することはあります。

 

金利変動

 

スワップ金利を狙った長期運用を行う場合、
金利が高い国の通貨を低金利の通貨で買って利益を得ますが、
金利は毎日動き続けるものなので、高金利だった通貨が低金利になる可能性もあります。

 

もしもスワップポイントが逆転してしまった場合は金利を支払う義務が出てしまいます。

 

レバレッジ

 

レバレッジは最大25倍までかけることが出来ますが、
かけるレバレッジが大きくなればなるほどリスクが大きくなります。

 

レバレッジが大きいとハイリターンになる分、ハイリスクになるということも忘れないでください。

 

スリッページ

 

スリッページとは自分が注文した額と約定できていた額に差が出てしまうことです。
不利なレートになってしまうことがあるので、
約定力の強い会社を選ぶ必要があります。

 

ロスカット

 

ロスカットはポジションを持っている通貨に含み損があって、
必要証拠金の一定のラインまで損失が出てしまった場合に
自分の意思を無視して約定されてしまうシステムです。

 

ロスカットは強制的に施行されるので損失が大きくなってしまうこともありますし、
損失を止めてくれるシステムとも言えますが、とにかく起きてほしくないものです。

 

 

投資である以上、リスクがなくなることはありません!

 

FXは資金が少なくても運用できることでも人気ですが、
投資である以上はリスクから逃れることができないのでそれを分かった上で運用を始めましょう!

 

 

トップページに戻る