FX取引には様々な注文方法があります!

FX取引の注文の基本と言えば、

 

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文

 

この3つがあります。

 

成行注文は自分がクリックして注文する方法です。
その瞬間注文が完了するので、確実な売買ができますが、
約定された額ではないので取引後に多少のスリッページが起きていることがあります。

 

指値注文は事前に約定したいレートをセットしておき自動的に売買が行われる注文方法です。
約定したい値段がはっきりと決まっているというのがメリットですが、
そのレートにならないと取引が始まらないという点ではそれがデメリットにもなります。

 

逆指値注文は損をする前に約定する注文方法です。
ストップ注文ともいいますが、ポジションを持ち続ける場合はこの注文をしておきたいところです。

 

ただし、レートが悪くなって少し様子を見ようと思っていても、
指値に達した瞬間に決済されてしまいます。

 

 

自動で成立してくれるから安心して寝られる。

 

FX取引ではこのように、自動で決済をしてくれる注文方法があるので
常にパソコンに向かっていられない人も、副業として運用していくことができます。

 

万が一自分が爆睡している間に大暴落が起きたとしても、
ストップ注文をかけておけば想像以上の損失を出さずに済みます。

 

また、FXの利点としては株と違って欲しい時に買えて、
いらないときに自由に手放せることです。

 

取引時間も日本時間で午前7時から土曜日の午前6時50分までと
営業している間は日夜問わず24時間取引が出来るのもポイントですね!

 

トップページに戻る