FX少額取引のメリットとデメリットをまとめてみた!

FXは、100円ほどの少額で取引が始められることは、わかりましたね!

 

でも、少額取引って、メリットやデメリットはどんなものがあるんでしょうか?

 

少額取引のメリット

少額取引のメリットは以下のものがあります

OK!

  • 損失額が小さい
  • 取引コストが小さい
  • デモトレードを使わなくても、実践経験できる
  • 新しい取引スタイルや通貨ペアにチャレンジしやすい
  • 通貨単位を細かく設定できるので、融通が利く

 

順に見ていきましょう。

 

損失額が小さい

FXはレバレッジを掛けなければ、預けた金額以上の損失はでません。

 

たとえレバレッジを掛けても、逆指値注文をきっちり入れておいたり、
FX会社のロスカット機能が、スリッページせず作動すれば、預託金を越す損失は出ません。
ですので、少額で投資を始めれば、最大でもその分の金額で、損失額を抑えられるという事です。

 

取引コストが小さい

少額取引の場合、取引通貨単位も小さいものになります。
これにより、まず開始資金が小さくて済みますね。
スプレッドの金額も、その分あまり高くならないです。

 

デモトレードを使わなくても、実践経験できる

デモトレード機能は、取引ツールに慣れるのには便利ですが、
実践経験とは、メンタル面で大きな差があります。

 

少額と言えど、自分自身のお金を使うのと使わないとでは、緊張感が異なります。
少額取引でなら、たとえ損が出ても少額なので、実践経験が積めます。

 

新しい取引スタイルや通貨ペアにチャレンジしやすい

取引スタイルには、スキャルピング、デイトレードなどの短期売買から、
少し大きなトレンドを捕えるスイングトレード、
スワップポイントで金利差益を出す中長期保有型などがあります。

 

短期から、長期、もしくはその逆など、取引スタイルを変更する時は、
それまでとは、取引の仕方、頻度が全然変わります。

 

そんな時は、思わぬ損失が出ないように、少額で始められた方が、慣れるまでは安全ですね。

 

通貨単位を細かく設定できるので、融通が利く

1万通貨単位のFX業者で「買い」のポジションを持った場合、売る時も、1万通貨単位です。

 

ですが、1通貨単位で取引可能なSBI FXトレードでは、1万通貨で買っても、売る時は、3235通貨だけ売るとか可能です。

 

資金繰りの際、融通が利くので便利ですね!

 

FX取引のデメリット

FXの少額取引では、デメリットは以下のものがあります。

困る

  • 利益が少ない
  • スワップ狙いは現実的ではない
  • レバレッジが大きくなりがち
  • 取引できるFX会社が限られる

 

順に見ていきましょう。

 

利益が少ない

運用する金額が少ない分、利益が小さくなるのは当然ですね。
損失も少なくなりますがしょがありません。
ローリスクローリターンな取引になります。

 

スワップ狙いは現実的ではない

スワップポイントは、毎日もらえる金額ですが、FX会社のスワップカレンダーなどに表示されているスワップポイントは、だいたいが1万通貨取引した時のものです。

 

高金利通貨との取引でも、せいぜい1日50円とかですね。

 

では1通貨単位で取引した場合は、良くわからないほどの小さな金額になってしまいます。

 

スワップ狙いは、基本ある程度の取引量で行うものです。

 

 

レバレッジが大きくなりがち

利益が少ないので、レバレッジを大きくかけたくなります。
しかし、よく考えてください。

 

もし損失が出れば、預託金の内、何%の資金を失うことになるのか計算してみてください。
下手すると、速攻ロスカットになります。

 

相場が1銭動いた時の損益額は、レバレッジに限らず同じ金額になります。
ただし、運用している金額に対する「利益率」「損失率」が大きく変わることを意識しましょう。

 

取引できるFX会社が限られる

取引通貨単位、つまりロット(Lot)が1万通貨だと、その分開始資金も大きくなります。

 

例えば米ドル/円の通貨ペアで、レバレッジ無しで、1万通貨を取引するなら、
1ドル=100円としても、最低100万円が必要になります。

 

ですから、少額取引を使用と思ったら、限られたFX会社の中から取引しないといけません。

 

 

以上が、少額取引のメリット・デメリットの解説になります。
良い点ばかりかと思いきや、デメリットもありますね。

 

しかし、FX初心者の方が、最初の取引を開始するには少額取引で経験を積むのがよさそうです。

 

 

トップページに戻る