保証金ってなに?計算方法が知りたい!

他のページでも解説していますが、まずFXにおける保証金(証拠金)について説明しますね。
表記は、「保証金」だったり「証拠金」だったりします。

 

保証金は、一言でいうと、FX会社で口座を開いたら、そこに入金するお金のことです。

ポイント!

 

「必要保証金(必要証拠金)」という言葉もあります。
これは、FX会社が自由に決めています。
「取引金額」に対して、必要な保証金額のことです。

 

例えば、1ドル=100円の時、
1000通貨単位で取引できるFX業者で、
10,000ドルをレバレッジ10倍で買う時の、
必要保証金は?と言うと。
【100円】×【1,000通貨】×【10Lot】÷【10倍】=【100,000円】
10万円が必要保証金となります。

 

ドル円とクロス円の時の必要保証金の計算式
【約定レート】×【取引通貨単位】×【数量(Lot数)】÷【レバレッジ倍率】=【必要保証金】

 

上の式にならって、必要保証金を計算し、入金額を用意しましょう。

計算する会社員

 

ただし、注意点は、
レバレッジの倍率というのは、注文を入れる時に設定するのではなく、
「取引金額」と「必要保証金」がいくらかによって、自動で決まります。

 

上の例で言うと、1ドル=100円の時、
1000通貨単位で取引できるFX業者で、
「10,000ドルを10万円で買う時の、レバレッジは10倍である。」
という感じです。

 

レバレッジの倍率を変えたければ、取引金額を変えるか、保証金を追加したり減らしたりすることになります。

 

ですので、上の式は、
「この取引額に対して、どれぐらい入金すればいいかな?」
って時に、さくっと計算するためのものです。

 

ドル円やクロス円以外の必要保証金の計算方法

米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円など、日本円が絡む取引は、上の計算式で成り立ちますが、
それ以外の、
ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル、ユーロ/豪ドル
などの円の絡まない通貨ペアの場合、
必要保証金の計算がちょっとだけややこしくなります。

 

例えば、ユーロ/米ドルの通貨ペアで考えます。
ユーロ/米ドルのレートが、1.12248の時、
1000通貨単位取引の業者を利用して、レバレッジ10倍、2万通貨を買う場合、
次の式に当てはめると必要保証金を計算できます。

日本円が絡まない時の必要保証金の計算式
【取引する通貨ペアの基準通貨※の方の対円レート】×【取引通貨単位】×【数量(Lot)】÷【レバレッジ倍率】
=【必要保証金】

※基準通貨、ユーロ/米ドルの場合、表記の左側の通貨、つまりユーロのこと

 

ユーロ/円のレートが、1ユーロ=115.48なら
【115.48円】×【1,000通貨】×【20Lot】÷【10倍】=230,960円
必要保証金は、230,960円となります。

OK

 

最初はややこしいと感じますが、覚えれば簡単ですね!
「〜/〜」←この表記の左側の通貨の対円レートがわかれば計算できますよ!

 

 

トップページに戻る